2012年06月03日

マネージメント研修を終えて

先日、第3回マネージメント研修が修了しました。これで全ての項目を終えることができました。

この研修で学んだこと、それは「自分自身をきちんと見つめ、そして自分を磨いていくこと」に尽きると思いました。その上で初めてマネージメントができるのだということを知りました。

この研修で自分を奥深く掘り下げて考えて、そして気付きがあったとき、もっと知りたい、もっともっといろんなことを知りたいと思いました。考えることが苦ではなくなりました。

自分の能力以上のことは伝えられません。私はどこかで自分はそれなりに知識経験があると思っていました。そう、この研修で何度も気付かされた自分自身の「自尊心の強さ」です。もうこれは仕方ないです。この自尊心が強い、それは充分に分かったのでその自分がいることからスタートしようと思いました。自尊心が顔を出してきたら、「こらこら、謙虚にいこうよ」と自分自身に話しています。
元々謙虚な方はそんなことしなくて良いのでしょうが、私はまだ気付いたばかり。情けないですが自分自身と対話しないといけない人間です・・・。

トレーナーの方々にアドバイスを頂き、気付かせて頂ける度に、「ああ、かなわないなあ・・」と痛感させられました・・・。そしてトレーナーの方々に学んだこと、相手を認めてくれた上で気付くように優しく話をしてくれることの大切さです。私は事務所内でそのようにメンバーと接していませんでした。それは相手を認めてこなかったからです。認めたフリだったのです。

いつもブレます。その都度、自分自身に首をかしげ、自分と向き合い、考えていく。純粋に・・・。

自分はなぜこの業務をやっていくのか、そしてどうなりたいのか。

自分が人生を歩んでいくための羅針盤となる「理念」と頭の中で映像となるくらい明確な「目標」、そして自分自身ときちんと向き合う「正直さ」。このことを学んだ研修でした。自分自身の考えを深く掘り下げ、気付き、理念・目標を明確にし、その達成のために行動していく。それを続けていく。ここに研修の本当の意味があるのだと思います。

まだ、始まったばかりで偉そうなこと言えませんが・・・(笑)

とんでもない研修でした。

そして、感謝感謝です。
posted by コミ-ネ at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記