2016年07月07日

「最高のリーダーは何もしない」を読んで(その2)

最高のリーダーで何もしない方で思い出す方・・・。

それは私が影響受けた方の1人、石橋さんという方です。
http://www.ipic.jp/

アイピック株式会社の石橋社長。私がいつも自分を深掘りするための研修でもさんざんお世話になり、自分が学ぶことの楽しさを気付かせてくれた方でもあります。

この方の会社に訪問したときに、まさに「最高のリーダーは何もしない」方でした。しかしそれは深く考え、考え抜いたビジョンを仲間に伝えることで、仲間が自主的に行動してくれているからこそ、何もしていないように見えるのだと思います。

次世代の若い幹部達も知っていますし、たまに呑んだりしますが、自主的に行動しています。理念が浸透している証拠だと痛感しました。

また、幹部の方々をはじめ、皆石橋社長が好きだということが心にガンガン伝わってきます。ある幹部の方は「社長を男にしたい」と研修の時よく言っておりました。感動しました・・・。

改めて・・・、自分はどうか・・。
繊細さに欠けています・・・。大雑把な部分が前面に出ています。前回述べたように、優柔不断さが自分の行動を鈍らせています・・・。
そしてもっともっと深く考え、頭に描いているビジョンをもっともっとくっきりとした鮮明な映像にできるよう努力していかないといけないと思っています。それにはどうするか・・・。

毎朝自分と向かい合う時間を作ろう。

以前はきちんと行っていたはずですが、お付き合いで呑むことが多くなり、朝早く出勤できなくなっています・・・。自己管理不足です・・・。

単純なことだ。まずはお酒の量を減らすことからだ(笑)
posted by コミ-ネ at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

「最高のリーダーは何もしない」を読んで(その1)

この本を読んでのまず感想はリーダーというのは繊細な方だということ。しかし大胆さも併せ持っていると思えます。

繊細さ、臆病さを持っているからこそ、その繊細さから明確なビジョンを考え抜き、そのビジョンを達成するために心を砕いて仲間に話し、遂行していくのでしょう。自分の答に疑問を持ち、深く考え、失敗しないように用意周到な準備をする。その準備の一つにビジョンを伝えるということがあるのかもしれません。

最近、車の中である講演のDVDを繰り返し見ています。首都圏で300店舗以上のお店を展開する「日高屋」の株式会社ハイデイ日高の創始者神田さんのお話です。この方はカンブリア宮殿にも出演されていますが、司会の村上龍さんが驚いていました。この番組に出演されている社長で唯一電車で来られたと。この方にかなり魅了されている様子で、スペシャルでも出演されていました。

神田さんのお話でも会社が変わったのは経営発表会を行ってからとのことでした。自分の夢をビジョンを語っていると、自分も社員も変わっていったとのこと。そして企業だから利益は出さなければ行けないが、社員に幸せになってもらいたい。お店に来てくれたお客さんに良い料理を適正価格で提供したいと言っておりました。

「人に対する温かい心と数字に対しての冷静な心」を当たり前のようにもっていることが成功の鍵という記載がありました。神田さんはまさにその通りの方で、人間力にあふれているし、経営者としての冷静さも併せ持っていると思います。

私はまだ情が先にきてしまいます・・・。そしてその情は優柔不断となります・・・。結局は行動が鈍るという悪循環が生じています・・・。
今の自分の課題を見つめ、そして冷静な視点からの判断ができるよう日常から訓練していくつもりです。


posted by コミ-ネ at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記